コエンザイムQ10の包接体とは

コエンザイムQ10は、活力アップに貢献します。本来は、体の中で作られる成分ですが、年齢が上がるごとに量が減少してしまいます。食事で摂る方法もありますが、体で作り上げる機能が減退している場合、あまり効果は望めません。

コエンザイムQ10のサプリメントを利用してはいかがでしょう。コエンザイムQ10の種類には、酸化型、還元型、包接型があります。

酸化型は、体の中で還元型に変わって初めて、効果を発揮します。還元型コエンザイムQ10は、最初から体に取り込みやすい形で摂ることが出来ます。包接型は、コエンザイムQ10の欠点を補うために改良されました。

コエンザイムQ10は、脂が無いと溶けにくい構造をしています。そのため、食前ではなく、食後に飲用する必要があります。

コエンザイムQ10の包接体型は、飲む時間を選びません。包接体は水になじみ易い成分が外側に、脂になじみ易い成分が外側にある、オリゴ糖で出来た筒状の入れ物になっていて、大きさは体内のDNAと同じくらい小さいものです。

包接体は、確実に腸まで届いてから、中に取り込んだコエンザイムQ10をゆっくり放します。そして細胞の活性化や、抗酸化作用、筋肉増強、しわ・タルミなどの予防として働きかけます。その後、筒状の包接体は、食物繊維として体に取り込まれます。

包接体はα、β、γの3種類があります。αは、ダイエット用サプリメントに、βは靴の消臭インソールに、γはサプリメントに利用されています。

↑ PAGE TOP