コエンザイムQ10の効能と摂り方

コエンザイムQ10の効果として、老化現象を食い止めたり、エネルギーを生み出すということが知られています。老化現象は、体の内臓だけでなく肌の老化もあり、これは、活性酵素による細胞の酸化といって細胞を錆びつかせることが原因で起こる現象です。

この活性酵素は、運動不足やストレス、食事の乱れ等で簡単に増加してしまい、この現象を防止してくれるとしてコエンザイムQ10製品が注目されています。コエンザイムQ10は、もともと身体の中にありますが、残念ながら加齢とともに減少するため、補う事が望ましいと言われています。

エネルギーを生み出す働きについては、食事で栄養を摂り、細胞に運ばれるわけですが、細胞内のミトコンドリアで初めて栄養がエネルギーに変えられ取り込まれますが、ここでコエンザイムQ10が活躍しているわけです。

食事でコエンザイムQ10を補給するには、青魚や肉類を摂ることになりますが、普段の食事では1日3~5mgの摂取となり、1日に摂る理想的な量の100mgには到底及びません。

そこでサプリメントが活用されているわけですが、効果的に摂るにはポイントがあり、コエンザイムQ10は、水には溶けにくく、油に溶けやすい性質があるため、油を使った食事と一緒に、もしくは食後に摂る事がポイントです。また、サプリメントには吸収率によりタイプが分かれ、種類が複数あるので、まずは変化を見るために少量づつ試せるものから活用することをお勧めします。

↑ PAGE TOP