体におけるコエンザイムの役割

コエンザイムQ10は、心臓、肝臓、腎臓などにはもともと多く含まれ、健康的な生活を営むカギとなる成分です。そして、コエンザイムQ10は、心臓疾患、糖尿病、高血圧などの改善と予防に、ガンなど生活習慣病の予防、ダイエットや美肌など色々な効果をもたらしてくれます。こんなにも魅力的な成分であるコエンザイムQ10は、一体どんな物質なのでしょうか。

60兆個を超える細胞が体の中に存在し、その細胞には細胞膜というものがあります。細胞内のミトコンドリアで作られるコエンザイムQ10は、活力の生産になくてはならない存在です。そして、細胞膜に存在し、細胞が活性酸素に攻撃されると、細胞が酸化するのを防ぐために、細胞膜内のコエンザイムQ10が働きます。

ですから、コエンザイムQ10の量が減少してしまうと、加齢による老化や病気から体を守ることが十分にできなくなってしまうのです。20歳くらいまでは、だいたい700mgくらい持っています。しかし、残念ながら、このコエンザイムQ10は、40歳前後から生産量の減少と食事からの摂取ではもともと足りていないため、不足気味になってしまうのです。

一日に必要なコエンザイムQ10は、30~60mgと言われておりますが、吸収されにくいという特性を持っています。だから、不足気味になってしまうと、これはを普段の食事だけで全て賄うのは難しくなります。そこで、コエンザイムQ10はのサプリを摂ることが、この状態を解消することに繋がります。

↑ PAGE TOP