コエンザイムと薬事法と飲み合わせ

コエンザイムは補酵素、コエンザイムQ10、ユビキノンとも呼ばれ、生きていくために重要な成分ですが、食事からは少量しか摂取できず、不足すると慢性的な疲労感、むくみ等、身体に様々な悪影響を及ぼします。

それはコエンザイムは酵素を助ける働きをしているため、コエンザイムが不足すると、酵素の働きが悪くなり、エネルギー不足を起こしやすいからです。

体内でもコエンザイムは合成されますが、年齢を重ねるとコエンザイムは少しずつ減っていってしまうので、どうしても身体の不調を感じやすくなってしまうのです。

こういったことからコエンザイムを含むサプリメントは注目されています。薬事法の改定前、医薬品は一時的に使うもの、化粧品は継続して使用する前提のものという位置づけがあり、コエンザイムは医薬品でした。改定後はコエンザイムの新陳代謝を高める効果から、シャンプー、ハンドクリーム、リップクリームなど様々な化粧品にも使われ、美容効果が期待されています。

コエンザイムはキチンキトサンと飲み合わせが良くないとされています。それはコエンザイムが油で溶ける事で身体に吸収されやすくなる性質を持っているのに、キチンキトサンは油を吸収されにくくする性質があるからです。

反対にコエンザイムと飲み合わせが良いとされるのは脂肪を効率良く燃焼させるLカルチニンで、肥満解消の効果http://www.renoqrp.org/getting-rid-of-fat.htmlが高まると言われています。

↑ PAGE TOP